麗江から宝山石頭城へ

麗江から宝山石頭城へ 大理で麗江の観光名所を調べているときに宝山石頭城(宝山石头城)というところの写真を見た。どこにあるのか地図で調べてみると麗江の北140キロにある。そここらさらに北上して金沙江を渡れば四川省ガンゼチベット自治州に入れるようだ。麗江から香格里拉(シャングリラ)に行き香格里拉から東チベットに行くよりも面白そうなので宝山石頭城に行きそこから東チベットに入ることにした。ところどころ地図上に道のない場所もあるが地元の人が歩く山道はあるだろう。


麗江から宝山石頭城へ, 1 1日目。まず香格里大道を北に歩き束河古鎮に行く。束河古鎮は麗江よりも観光地化されていなのでのんびり過ごせると聞いていたが麗江以上の観光地だった。いいところだったら1、2泊しようと思っていたがバックパックを背負ったままぶらぶらと観光して白沙鎮に向かうことにする。農道を歩いて白沙鎮に行く。白沙鎮もそれなりに観光地化されている。白沙鎮からしばらく農道を歩いたところで雨が降って来たのでテントを張る。


麗江から宝山石頭城へ, 2 2日目、小雨。6時、雪崇村に向かって農道を歩き始める。緩やかな登り。7時頃、雪崇村に着く。石造りのチベット風の民家。朝早いからか観光客も少なく静かでいい。ぶらぶらと村を歩いて商店で買い物をする。


麗江から宝山石頭城へ, 3 玉龍雪山に向けて歩く。しばらく歩くと遠くの方に玉龍雪山景区のチケット売り場のゲートが見える。わざわざ歩いてチケットを買いに行くほど律儀ではないので、そのまま山道に入って玉龍雪山を目指す。


麗江から宝山石頭城へ, 4 玉龍雪山景区に入る。あいにく玉龍雪山は雲に覆われていて見れない。まあ玉龍雪山がそれほど見たいわけではないので先に進む。チケット代も払っていないし。3時頃、風景区内でテントを張っていいのかわからないが疲れたのでテントを張る。


麗江から宝山石頭城へ, 5 3日目。峠にチベット風の仏塔のようなものがあるがおそらく中国人向け観光チベットなのだろう。道は登ったり下ったり。


麗江から宝山石頭城へ, 6 歩いていると玉龍雪山風景区のチケット・ゲートが現れた。麗江側から入域する場合だけでなく、反対側にもチケット売り場が抜かりなくありチケットを買わされるのである。仕方ないのでそのままゲートに進む。チケット売り場のお兄さんにニーハオといわれただけで通過できてしまった。景区から出る時はチケットのチェックはないようだ。チケットを買わずに済んでしまった。しばらく歩いて14時半頃、歩くのをやめる。テント泊。


麗江から宝山石頭城へ, 7 4日目。歩き始めるとすぐ下りになる。道はつづら折りに下って行くが歩いて下れる近道があったのでその道を下る。だいぶ距離が稼げた。下り切るとまた登り。しばらく登ると鳴音までは緩やかな下り。昼前に鳴音に着く。賓館といっても名前だけで旅館程度の賓館に宿を取る。50元のツイン。


麗江から宝山石頭城へ, 8 5日目。緩やかな登りが続く。省道208線から外れて宝山に向かう道に入る。道は下りになる。夕方、宝山に着く。宝山といっても宝山石頭城はここから10キロ以上先にある。この宝山は以前は果楽村(果乐村)という名前だったのだがおそらく行政上の理由で宝山という名前に変更されたようだ。宝山(果楽村)を過ぎると急な登り。しばらく登ってテント泊。


麗江から宝山石頭城へ, 9 6日目。昨日からの登りを登りきると峠から宝山石頭城に向かう山道があったので山道に入る。宝山石頭城の手前かなり急な下りになる。10時半、宝山石頭城に着く。