稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩

稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩 昼前に格木に着いたので商店で買い物をして、11時頃、藏壩に向けて歩き始める。未舗装だが車が通れる道。しばらく登りが続くがすぐに高原に出る。


稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩, 1 14時、遊牧民のテントがたくさんある場所に着く。この辺りから道は車の通れない山道になる。休憩していると白馬を引いたおじさんにどこに行くのか聞かれる。藏壩に行くというと、おじさんも藏壩に行くのだという。明後日、お祭りがあるのでその競馬に参加するそうだ。白馬はそのための馬らしい。ぼくも明後日までに藏壩に着いた方がよさそうだ。

おじさんが藏卡までの道を詳しく教えてくれた。


稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩, 2 15時頃、少し登りがきつくなってくる。セミが鳴いている。こんな高地にもセミがいるのだと感心する。17時頃、歩くのをやめて、テントを張る。

夜、かなり冷える。夜空がきれいだった。


稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩, 3 朝はやはり寒い、テントが凍っている。6時から歩き始める。おじさんに聞いたとおりに道を見失わないように歩く。セミが鳴き始める。セミというのはあんなに寒い夜を越すことができるのかと感心する。昨日今日とセミには感心させられっぱなしだ。

2時間ほど歩くと川にでる。靴を脱いで渡るが皮膚が切れたかと思うほど冷たい。


稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩, 4 川を渡るとすぐに峠までの急な登りになる。少し休憩してから登る。


稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩, 5 1時間ほどで登りきる。しばらく平坦な道、1時間ほど歩くと下りになる。下の方に村が見える。

12時、山を下りきって草原に出る。しかし藏壩の村まではまだ少し距離がある。若い男の人たちが裸馬に乗っている。お祭りの練習なのかな。


稲城から理塘へ 2 - 格木から藏壩, 6 13時、藏壩に着く。村をぶらぶらしてゴンパなんかを見て、草原にあるお祭り会場の端にチベット人と混じってテント張る。