マニカンコ(馬尼干戈) 旅行情報 2016年6月

マニカンコ(馬尼干戈) 旅行情報 2016年6月 カンゼ方面から来るとセルシュに行く省道とデルゲに行く国道に分かれる交通の要衝にある町。欧米人ツーリストをよく見かける。

宿は多くはないが、食堂や商店は多数ある。

アクセス・行き方

カンゼ(甘孜)

カンゼからマニカンコへはアシュ(阿須)行きのバスに乗りマニカンコで下車。バスはバスターミナルではなく、ミニバン乗り場(川藏公路(217省道)と清河街の交差点)から出る。朝7時半発、所要3時間、40元。ミニバンもある(45元)。

カンゼへはアシュ(阿須)発のカンゼ行きのバスが9〜10時にマニカンコを通過する。所要3時間半、40元。ミニバンもある(40元)。

デルゲ(徳格)

デルゲのバスターミナル前でミニバンが客待ちをしているマニカンコまで所要3時間、70元。

デルゲへは、マニカンコの中心にある交差点でミニバンが客待ちをしている。デルゲまで所要3時間、70元。

セルシュ(石渠)

セルシュ行きのミニバンは少ないが、マニカンコの中心の交差点でミニバンが客待ちをしている。70元、3時間半。200元でセルシュまでチャーターすることもできる。

宿泊

雪域旅館

雪域旅館
町の中心にあるT字路の突き当たりにある建物の左脇の道を入ったところにある。トイレシャワー共同のツイン 80元、シングル 60元。

四方来旅館

四方来旅館
町の中心にあるT字路からデルゲ方向に50メートルほど行った右側にある。シングル 50元。

土登翁修民居接待

土登翁修民居接待
町の中心にあるT字路からカンゼ方向に50メートル程度行った右側にある。農村信用社のATMの脇にある階段を登る。トイレシャワー共同のツインが100元(シングルユースの場合は80元)。ドミトリー 40元。

馬尼干戈拍尼酒店

馬尼干戈拍尼酒店
マニカンコで一番大きなホテル。トイレシャワー共同の部屋が80元。トイレシャワー付きの部屋は150〜300元。

観光

イルン・ラ厶ツォ(新路海)

イルン・ラ厶ツォ(新路海)
マニカンコからデルゲの方向に12キロ行ったところにある湖。中国語では新路海と書かれていたが、最近はチベット語の発音に当て字をして玉隆拉措と書かれている。湖の向こうにコラ山(雀児山)を見ることができる。ミニバンのチャーターは100元(言い値)。マニカンコからとりあえず歩き始めて、後ろから来る車やバイクをヒッチハイクして行くのがよさそう。入場料20元。

ラジャゴンパ

ラジャゴンパ
マニカンコの町の丘にある。サキャ派のお寺。

ヨゼゴンパ

ヨゼゴンパ
マニカンコの町の東側に見えるニンマ派のお寺。

オゴゴンパ

オゴゴンパ
マニカンコからセルシュ(石渠)方向に3〜4キロいった右手に見えるニンマ派のお寺。

ゾクチェンゴンパ

ゾクチェンゴンパ
カンゼ発のアシュ(阿須)行きのバスがマニカンコを9〜10時頃通過するので、それに乗り竹慶で下車。 ゾクチェンゴンパのある竹慶には商店、食堂、宿泊施設あり。宿はシャワーのないところが多い がWiFiは使えるところが多い。シングルで25元〜。

シェチェンゴンパ

シェチェンゴンパ
カンゼ発のアシュ(阿須)行きのバスがシェチェンゴンパに行く。 シェチェンゴンパには宿泊施設はない。