インドの旧紙幣(500ルピー、1,000ルピー)を新紙幣に両替 (2016年11月29日)

インドの旧紙幣(500ルピー、1,000ルピー)を新紙幣に両替 (2016年11月29日)

要点だけを書くと11月24日から旧紙幣を新紙幣に交換できるのはRBI(Reverve Bank of India)と空港のみとなっているようです。 空港での交換は条件がいろいろあるようなので、RBIで交換したほうがよさそう。

インド政府が2016年11月9日から突如、現行の500ルピー札と1,000ルピー札を廃止した。 ぼくはその時点で10枚の500ルピー札を持っていたので、 廃止にすると発表されてから数日後にバラナシの銀行で、 3時間半も並んで、新札に交換できる上限4,000ルピー、8枚の500ルピー札を両替した。

残り2枚のうち1枚は鉄道のチケットを買うのに使えるというので、 バラナシ・コルカタのチケットを買うときに使った。

12月31日までは新札と旧札の交換ができるというので、鷹揚に構えていたのだが、 11月29日にコルカタで最後の1枚になった500ルピー札を持って銀行に行き両替しようとしたら、 11月24日をもって旧札から新札への両替はすべての銀行でできなくなったので、 申し訳ないが両替できないといわれた。しかし旧札をインドの銀行口座に預金することは可能だと、 旅行でインドに来ているぼくにはなんの救いにもならないことをいう。

ここでは交換できなくてもどこかで交換できるのでしょうと聞いても、 ここでは交換できないのだというばかりでらちがあかない。

仕方ないので宿にもどりネットで調べてみると、 インドのニュースサイトに「外国人がまだ旧札を新札に交換するためにできること」という記事があった。 RBI(Reserve Bank of India)の窓口で12月31日まで交換できるらしい。あと空港の両替所でも交換可。 その他にもいくつかの方法が書いてあったが旅行で来ているぼくにはやはり難しそうなものだった。

また不意に規則を変えられても困るので、早速コルカタのRBIに行った。 セキュリティ・チェックを受けて銀行に入ると、すぐに両替かと聞かれフォームを渡される。 1日に両替できるのは2,000Rsまでらしい。必要な書類はパスポートのみ。 フォームを記入すると行員が警備員にいいつけて、並んでいる列の先頭に入れてくれたので、すぐに両替できた。 後ろに並んでいた人たちに3回ばかり頭を下げて銀行を出る。

すべての銀行で両替できなくなったといわれたときはどうなることかと思ったが、RBIで時間もかからず無事に交換できてよかった。


インドの旧紙幣(500ルピー、1,000ルピー)を新紙幣に両替 (2016年11月29日), 1

11月30日にコルカタの空港から出国したので、 そのときに空港で交換できるか聞いてみた。

ひとつの両替所ではできないといわれたが、 もうひとつの両替所では交換できるといって張り紙を指さした。 張り紙を読むと両替できる条件として、

  • 外国のパスポートを持っていること(インド以外のパスポート)
  • 11月8日以前に両替したことを証明できるレシートなどを持っていること
  • 交換できるのは500ルピー札のみ、1,000ルピー札は両替できない
  • 2006年以前に発行された紙幣は両替できない
  • 交換できるのは5,000ルピーまで
  • 交換できる期間は3ヶ月間(11月8日から?)

ということらしい。この規則もどうなるかわからないし、 空港でするよりも事前にRBIで交換したほうがよさそう。

今回の紙幣の変更では、ぼくはわりと困ったのだけど、他のツーリストはどうだったんだろう。 3ヶ月インドにいて話した日本人がひとりだから、 ぼくの持っている情報が極端に少なくてひとりぼくだけが困っていただけのような気もするけど、 誰かの役に立つかもしれないので、ぼくの極端に少ない情報をここに書いておいた。

ちなみにクアラルンプールのゲストハウスで、 これを書いているぼくの手元には使い切ることのできなかった10ルピー札が1枚と1ルピー硬貨が2枚ある。 廃止されないことを祈るばかりである。

RBI (Reserve Bank of India), Kolkata

  • 住所: 15 Netaji Subhas Road
  • 営業時間: 月〜土曜日、10:00〜18:00