フエ・サワンナケート国境 (旅行情報2019年9月)

Hue Savannakhet Border

2019年9月にベトナムのフエからラオスのサワンナケートまでローカルバスを乗り継いで移動した際の情報です。

ベトナム側の国境はラオバオ(Lao Bao)、ラオス側の国境はダンサワン(Dansavan)。

フエのゲストハウスを7時に出て、8時のラオバオ行きに乗り、ラオバオに着いたのが10時半。 国境を抜けてラオスに入ったのが11時過ぎ、 12時のサワンナケート行きのバスに乗ってサワンナケートには18時半に着いた。

ちなみにその後、タイのムクダハン行き国際バスの最終便19時発に乗りタイに入国。 ムクダハンのバスターミナルに20時半発のバンコク行きがとまっていたのでそれに乗りバンコクへ。 翌朝の5時頃、バンコク着。フエからバンコクまで22時間程度で移動できる模様。


フエからラオバオ

ラオバオ(Lao Bao)行きのバスは、フエの北バスターミナル(Ben Xe Phia Bac)から出ている。

フエ市内から北バスターミナルへは、 北バスターミナル行きの市バスがドンバ・バスターミナル前のバス停(バスターミナル側、北東に進む方)にとまる。 所要15分、10,000ドン。いくつか路線があるようなので、Ben Xe Phia Bac(ベンセー・フィアバック)に行くか要確認。

ラオバオ行きのバスは、5:30〜17:00までの間に1時間に1〜2本程度。10時半までのバスは68,000ドン、それ以降のバスは90,000ドン。所要2時間半。 ラオバオ行きのバスは国境の前まで行ってくれる。


ラオバオ・ダンサワン国境

ベトナムに入国するときはどうなのかわからないが、 出国の場合はパスポートコントロールなど全ての手続きをラオス側のイミグレーションオフィスでするので、 ベトナム側のイミグレーションオフィスは素通りしてラオス側のイミグレーションオフィスに行く。

ベトナム側で賄賂を要求されることも、ラオス側でよくわからない料金を取られることもなかった。 良い国境。


ダンサワンからサワンナケート

ダンサワンのバスターミナルは国境から1キロ程度離れている。 国境からは1本道なので道なりに真っ直ぐ。

サワンナケート行きのバスは7:30、12:00発。所要6時間、40,000キープ。


両替・ATM

ラオス側の国境内にPhongsavan Bankがある。ATMでキャッシング、両替可。 国境とダンサワンのバスターミナルの間にBCEL銀行もある(ATMあり)。